鍼灸マッサージ師の資格取得

鍼灸マッサージ師の資格取得

鍼灸マッサージ師は鍼師、灸師、按摩・マッサージ師の3つの国家資格が必要です。
女性や主婦にも人気の鍼灸マッサージ師の専門学校で国家試験対策などの資格習得をめざします。
按摩師・鍼灸師の資格について 取り方や学費・平均収入の話をしています 。

【資格】按摩師・鍼灸師の資格について

鍼灸マッサージ師とは

鍼灸マッサージ師とは、ハリ治療ができる「鍼師」、お灸の治療ができる「灸師」、そして「按摩・指圧・マッサージ師」という3つの国家資格を取得している人です。

どれか1つでも、開業ができますが、この3つの資格を取得して、開業されるとトータルな治療ができるということもあり、3つを取得されている施療家の方が多いようです。

最近では、女性や主婦の方が専門学校へ通い、資格取得をめざしているケースが増えてきています。

同性に施術してもらいたいというニーズが非常に高く、資格習得後も自分のペースで仕事ができると人気です。

鍼灸マッサージ師の専門学校

開業したり、スポーツトレーナーや美容分野などにも活躍の場がある針灸士マッサージ士になるには、高校卒業後、鍼灸専門学校に3年通い、国家試験を受験します。
入試科目の学科は国語・英語・生物など、各学校により違いますので確認しましょう。
医療系の専門学校は他の専門学校に比べて難易度は高めなので、しっかりと入試対策をして臨みましょう。
また、社会人の人の受験では、学科が免除され、面接や小論文だけというところもあります。

鍼灸マッサージ師の国家試験

鍼灸治療院などの治療院に勤めれば、国家試験の受験資格を得ることができるわけではありません。
文部科学大臣が認定した学校や、厚生労働大臣が認定した養成施設・専門学校に入学して、規定の単位を取得した後、卒業とともに国家試験を受験し、厚生労働大臣の免許を取得しなくてはなりません。

毎年2月に行われる国家試験は、専門学校にマジメに通い、受験をすれば8割が合格すると言われ、難易度はそれほど高くはないようですが、専門的な知識を要するので、きちんと授業に出て履修する事が合格の秘訣です。

国家試験の受験科目は、「実技試験」「口頭試験」「筆記試験」などがあり、どの学校でも試験対策などを行い、資格取得のバックアップをしてくれます。
各鍼灸専門学校のサイトで比較して、資料を取り寄せたり、学校見学をしたりして確認しましょう。