空間デザイナー【国家資格】商品装飾展示技能士

空間デザイナーとはどんな仕事?

空間デザイナーは、個人宅の内装デザインや装飾や、レストランやカフェ、結婚式や披露宴、クリスマスなどの商業施設の店舗やイベントで活躍できる、空間を利用目的に合わせてトータルデザインする仕事です。
室内・屋外にこだわらず、クライアントのコンセプトや要望にインテリアのデザインのバランスや予算などを考え、施工業者に指示を出し、デザインを具現化していきます。

空間デザイナー

空間デザイナーになるには

一般的には、あまり耳にしない資格ですが、建築系の学校などで耳にするかもしれません。
メーカーやデザイン事務所に就職し、インハウスデザイナーとして活躍します。
仕事を請け負う時点で、必ずしも資格は必要ありませんが、公益財団法人日本デザイン振興会認定試験である「空間ディスプレイデザイナー認定試験」や公共社団法人インテリア産業協会主催の「インテリアコーディネーター」の資格があると、仕事に一層の信頼につながります。

また、携わる仕事が、商業施設の改築などと大きくなってくると、建築設計やCADの知識を求められる場合もあります。
そうなると、国家資格である「商品装飾展示技能士」です。
インテリアの仕事をしたい方は、ぜひチャレンジしてほしい資格です。

資格・検定
毎日の生活お役立ち情報