校正者(エディター)になるまで【在宅ワークの求人】

在宅 校正者の求人

在宅校正者(エディター)として、SOHOで活躍したり、求人に応募するには、通信教育で取得した校正士の資格は必要でしょうか。出版社の専門の在宅校正士として登録するなど、仕事の幅をひろげるお手伝いをします。

在宅校正者になるには

特に資格を要するのか、専門知識が必要なのか、受ける仕事にもよりますが、校正の基本知識が身についているとできる作業です。
しかし、主に出版物の誤字脱字などを直す仕事です。責任もあり、時間も限られていますので誰にでもできる簡単な仕事とは言い切れないと思います。
私が校正作業をした経験などをお知らせします。

ホーム校正

ホーム校正、校正士ということばがよく見られます。
在宅で校正作業をするための通信講座の案内などに使われます。このような通信教育では、主に実践に役立つ校正記号や校正用語について学べます。まったく校正の仕事をしたことがない方は、まずは受講されることをオススメします。



主婦に人気の講座ですが、資格がとれたからといって仕事のあっせんがあるわけではないと考えましょう。もし、斡旋があるという講座はちょっとあやしいかもしれません。
資格の取得と仕事の求人募集は別と考えた方が無難でしょう。

校正とSOHO

在宅作業として人気のあるSOHOですが、職種がいろいろあります。
校正作業は、出版物の校正だけでなく、たとえば、データ入力などのパソコンで作成されたデータの校正などもあります。
また、ホームページの作成時の文字校正なども必要となってきますので、そのようなものを、校正専門の担当者が作業するというワークフローをとっている場合が多いと思います。

校正者の求人募集

出版社や新聞社などが、専門の校正者を求人していますので、内容を把握して応募してみましょう。通常の文字校正や、専門書の校正、英文校正等、内容はさまざまです。そして、作業量と作業時間にもより、報酬額は差が出てきます。
校正作業は最終的な段階となるので、あまり校正ミスが多いと問題になります。作業時間が少ないからと言って手を抜くと、次の仕事に続きませんよ。
しかし、校正ミスの頻度により、報酬にペナルティを加えるような業者もありますが、それは作業者の考え次第ですが、あまりいい会社とはいえないのではないでしょうか。


校正の資格が取れる通信講座

有名なところでは、ユーキャン、がくぶんなどがあります。文部科学省認定の講座では、(財)実務教育研究所の校正実務講座があります。
どれも6ヶ月くらいで修了するカリキュラムとなっています。
必ずしも資格が必要な業種ではありませんが、仕事をはじめるにあたっては、資格があることは心強いと思いますよ。

初心者Webライターの稼ぎ方3つ【記事執筆・リライト・時給案件】
資格・検定
毎日の生活お役立ち情報