リウマチアプリ【リウマジョイ】で痛みをコントロールしよう

リウマチアプリ【リウマジョイ】とは

リウマジョイ」とは、順天堂大学医学部膠原病・リウマチ内科の企画/監修による
関節リウマチ研究アプリ」です。

関節リウマチ研究アプリ「リウマジョイ」
関節リウマチを発症しやすい年齢と性別 関節リウマチの有病率は、世界的には、0.5から1.0%とされています。地域差はありません。 日本では人口の0.6から1.0%、8万から100万人の患者さんがいると推定されています。 「リウ...

関節リウマチの痛みをコントロール

関節リウマチは、日本では8万から100万人の患者さんがいると推定されています。
主に女性に多く、痛みをコントロールしながら日々の生活を送られています。

リウマチの薬は強いものが多く、「メトトレキサート」や「アクテムラ」などの関節リウマチの治療薬、は肝機能障害、白血球減少、貧血、血小板減少の副作用があるあります。

〔リウマチのお薬〕メトトレキサートの副作用について
リウマチのお薬メトトレキサートとはメトトレキサートは関節リウマチの治療薬、リウマトレックスやメトレートといった薬とともにMTX製剤と呼ばれます。リウマチ治療において非常に重要な役割を果たします。第一選択薬として使用されることの多い内服薬です

また、痛み止めで処方される薬も「プレドニン」「プレドニゾロン」「メドロール」などのステロイド剤を服用されている方が多いのです。

リウマチの痛みは天候の影響を受けやすい

なるべく、薬を減らして痛みをコントロールしたいですね。

関節リウマチの痛みは、天候の影響を受けやすいと言われています。
患者さん一人一人で傾向は違いますが、ご自分の痛みの傾向がわかると対応しやすくなります。

リウマジョイ」では、日々の体調、痛み、こわばり等に加えて
その日の天候や、前日の歩行数
などを記録します。
収集したデータからその関連を明らかにすることを目指しています。

リウマチアプリ【リウマジョイ】ダウンロード

リウマジョイiphone、ipadをお使いの方は、まずは「App Store」(アプリストア)から「リウマジョイ」で検索して、インストールしてみてください。

体調・痛み・こわばりを画面タッチで簡単に記録
痛みとその日の気圧、前日の歩行数をグラフで表示
薬の内服日や自己注射日をお知らせ

 

『リウマジョイ』は、現在は「ios版」しかリリースされていません。
「Android版」のリリースが待ち遠しいですね。
リウマジョイ | リウマチ症状を記録し、日常生活をサポートするアプリ
リウマジョイは、順天堂大学医学部附属順天堂医院 膠原病・リウマチ内科による関節リウマチ研究のためのアプリです。関節リウマチの痛みと天候・運動との関連解明及び、患者さんの日常生活のサポートを目的としております。