【善玉コレステロールを増やそう!】オリーブオイルは一価不飽和脂肪酸たっぷり

善玉コレステロール(HDL)の役割とは

善玉コレステロール(HDL)としても知られる高密度リポタンパク質は、全身の細胞を形づくる細胞膜の成分になるという役割があります。
コレステロールは肝臓で合成された後血液に乗って全身に運ばれていき、細胞を形作る細胞膜の成分になります。
特に脳や脊髄といった神経細胞では正しく細胞が働くためにたくさんのコレステローを持っていて全身のコレステロールの3分の1は脳などの神経系に存在しています。

善玉コレステロールを増やすには
善玉コレステロールを増やすには善玉コレステロールを増やすには、食事の内容を見直してオレイン酸や麩飽和脂肪酸のをとり、HDLや中性脂肪を下げましょう。善玉コレステロールを増やすには不飽和脂肪酸を率先して摂りましょう。善玉コレステロールと...

オリーブオイル

精製されていないエキストラバージンオリーブオイルには、コレステロール値を正常に保つ効果のある一価不飽和脂肪酸が含まれています。
これは、動脈内の脂質の酸化を防ぎ、プラークの蓄積を防ぐために最適な善玉コレステロールの産生を改善します。
1日にエキストラバージンオリーブオイル大さじ2杯を摂取することでその効果を活用できます。
レモン果汁とともサラダに加えたり、そのまま料理にかけるなどして摂取してください。

生活の改善が大切

ただし、善玉コレステロールを増やす食品を食べるのと同時に、悪玉コレステロールを増やす原因となるトランス脂肪酸やコレステロールが高い食品の摂取を控えるなどの食生活の改善が大切です。

喫煙や肥満、運動不足やお酒の飲み過ぎ、ストレスなども、悪玉コレステロールを増やす原因となりますので、改善していきましょう。