善玉コレステロールを増やすには

スポンサーリンク

善玉コレステロールを増やすには

善玉コレステロールを増やすには、食事の内容を見直してオレイン酸や麩飽和脂肪酸のをとり、HDLや中性脂肪を下げましょう。善玉コレステロールを増やすには不飽和脂肪酸を率先して摂りましょう。

善玉コレステロールとは

なにかと悪者扱い割れるコレステロールですが、体に必要なコレステロールもあります。
それがHDLコレステロールと呼ばれる善玉コレステロールで、血液中にあまってしまい動脈硬化をひきおこすコレステロールを回収したもので、肝臓に運ばれ、動脈硬化を防ぎます。
血管にとって良い作用をするHDLコレステロールを増やしましょう。

善玉コレステロール高い

血液検査でHDLコレステロールが高い値になったときには心配はいりません。善玉コレステロールが高いのは問題ではなく、動脈内にたまりやすいLDLコレステロール値が多いのは要注意なんです。コレステロールの比率が崩れているのが問題なのです。

善玉コレステロール食事

善玉コレステロール(HDLコレステロール)を高める食品はこれといってないのです。ですので、普段の食生活を改善し、野菜中心の規則正しい食生活を心がけると、悪玉コレステロールや中性脂肪の値がさがるため、自然に善玉コレステロールの比率が上がるというわけです。大豆製品やオリーブ油に含まれるオレイン酸などは食事のコレルテロールの吸収を抑える働きがあります。特定保健用食品(トクホ)の製品も数多く紹介されていますので、上手に活用したいですね。

善玉コレステロール動脈硬化

血液中の余分な悪玉コレステロールを取り去ってくれる働きのある善玉コレステロールの値が下がると、血圧が上がり、動脈硬化や心臓疾患の原因になります。また、虚血性心疾患や脳こうそくなどの発生率が上がることが分かっています。

善玉コレステロール悪玉コレステロール

善玉コレステロールは動脈硬化の予防をし、悪玉コレステロールは動脈硬化の原因となります。相対するものですが、本来悪玉といわれるLDLコレステロールも体には必要なものです。ただ、飽和脂肪酸(牛などの脂身)の摂取が多いと、LDLコレステロールとHDLコレステロールの比率が崩れてしまいます。HDLを増やすよう、不飽和脂肪酸(青魚や植物油脂)を率先して食べましょう。

コメント