日暮里繊維街の安い生地

スポンサーリンク

日暮里繊維街の安い生地

日暮里の繊維街は問屋街とも呼ばれ安い生地やリネンを小売販売しています。日暮里の繊維街のお店でのおすすめは、通販でもカーテンなどを取り扱っているトマトもあります。

日暮里問屋街

なぜ日暮里に繊維問屋街が発展したのでしょうか。はじまりは大正時代の初め。浅草界隈で営業していた古布や裁ち落としを取り扱う業者が当時まだ閑散としていた日暮里地区へ移動してきたのが始まりなのです。問屋と聞くと業界向けで一般客には小売をしてくれないという印象がありますがそんなことはありません。ほとんどのお店で素人の一般客にも小売をしてくれます。

日暮里トマト

オンラインショッピングもやっている日暮里の生地やさんです。遠方の方でも利用できますね。日暮里の実店舗には、各種生地が充実してる本館の他に、カーテン専門のインテリア館 、手芸用品・小物を扱うノーション館 、特価商品が揃うアーチ館 、生地を直接見られるショールームなどがあります。

繊維街のリネン

生地問屋が立ち並ぶ日暮里ですから、種類が豊富な上に、なにしろ安い。多種多様なリネン生地が揃っています。リネンのもつ風合い、色、手触り、機能などを比べながら選べます。

日暮里問屋街

生地問屋がひしめく「布の街」として知られる東京都荒川区の日暮里繊維問屋街。繊維街のお店は、だいたい日曜、祝日がお休みです。キャラクター、ハギレ、無地、コットンプリントなどお店によって個性もさまざま。生地だけを売っているお店や、手芸小物・カーテン素材など幅広く扱うお店といろいろあります。じかんをかけてゆっくり散策して目的にあったお店を探してみてください。

問屋街ならではの安さ

「77円」「239円」「577円」。冗談みたいな値段でたくさんの生地が売っています。生地の種類は多いし、値段は十分の一といえます。激安店もさまざま。六十もの生地を売る専門店が並ぶのは全国でもここだけ。一般客に交じってまとめ買いする他地域の小売り店も多いそう。

コメント