隠れ肥満解消

スポンサーリンク

隠れ肥満の体脂肪率

見かけに反して体脂肪率が高い人は、隠れ肥満と呼ばれ、内臓疾患が起きやすくなります。
体重は正常であるのに、「体の中の脂肪組織の割合が多い状態」やせているのにお腹だけ出ている人は要注意!メタボリックシンドロームを起こす可能性もあります。

隠れ肥満解消

食べすぎと運動不足から来るのが一般的ですので、その逆をすればよいのです。野菜中心の食生活や運動をするなど、脂肪が燃えやすい体づくりをすることが大切です。
軽いウォーキングから始めると歩くことで代謝が上がり、脂肪燃焼をしやすい体になっていきます。

隠れ肥満とダイエット

年齢を重ねると太りやすくなるタイプが多いです。
そのためにはダイエットを始める前に、まずは生活習慣を見直して見ましょう。
食事の内容や時間、運動の頻度、便秘、姿勢の悪さ、冷え性の改善、飲酒の頻度などを改善すると、ダイエットをしなくてもこれだダイエットにつながり、隠れ肥満の解消につながります。

隠れ肥満チェック

BMI(ボディ・マス・インデックス)という指標で判断します。体重(kg)を身長(m)の2乗で割るこの数値が26.4以上が肥満と呼ばれる。
但し、体脂肪率や体格などを参考に総合的に判定します。最近は体脂肪を簡単に測れる体重計などがありますので、日々チェックしましょう。

隠れ肥満女性

隠れ肥満は、どちらかと言うと男性に多い肥満のタイプですが、女性も油断をしてはいけません。
体重が変わっていないのおなか回りが太くなってきた、洋梨型体型になってきたら要注意です。

コメント