不動産業 ハトマーク うさぎマーク

不動産業 ハトマーク うさぎマーク

不動産業や宅建業はハトマーク・うさぎマークでおなじみの全日本不動産協会や全国宅地建物取引業協会連合会保証協会に加入する事で、不動産業に必要な弁済業務保証金分担金制度という供託金が免除される特典があります。

不動産業と保証協会

宅建業を営むための営業保証金は営業保証協会に加入すると弁済業務保証金分担金制度という供託金が不要になるほか様々なサポートを行ってくれます。

入会金や年会費などを考えても宅建業者さんにメリットがあります。

不動産業うさぎマーク

社団法人 全日本不動産協会で業界最古の歴史を誇る不動産業界の全国組織です。

入会金等120万円+年会費7.2万円(条件によって異なります)

不動産業ハトマーク

シェアとしてはハトマークの方が加入者は多い。
入会金等151万円+年会費8.7万円 (条件によって異なります)

宅建業

宅建業の免許を取得し、宅地建物取引業を開業しようとした場合、都道府県により多少違いますが、開業資金は200万円前後が相場だそう。

営業保証金を最低1千万円供託しなければならないことになっていますが、宅建業保証協会に加入すれば60万円の保証金分担金で済みます。

弁済業務保証金分担金制度

営業保証金はもしもの場合の備えとはいえ、これから開業しようとする者に取って大きな負担です。

このことを考慮して、宅地建物取引業者の負担を軽減させるため営業保証金の供託に代えて、国土交通大臣が指定した全国宅地建物取引業保証協会へ加入した上で、弁済業務保証金を納付する方法が定められています。