床の防音リフォーム

スポンサーリンク

床の防音リフォーム

防音リフォームは、遮音マット、遮音カーペットなどを敷くほか、フローリング材などの床材の張替えなどのリフォーム工事をします。マンションや木造住宅などでは、遮音パネルや防音ドア、二重サッシなど遮音効果のあるものに取り替えることで騒音を気にする生活から開放されます。

防音リフォームの工事

防音リフォームは、外からの自動車や工場の騒音を抑える目的と、内部からの音、子供の声やペットの無駄吼え、ピアノや楽器演奏やオーディオルーム、ホームシアターなど、外に音が漏れないようにしたいというのが一般的な防音リフォームの目的になります。また、マンションや集合住宅にお住まいの場合は、下の階へ対しての生活音を軽減したいなどの目的があります。防音対策のリフォームを行って騒音を気にする生活から開放されませんか。

防音対策は市販品でもできます

リフォーム工事をする前に、どのような種類があるのか調べて見ましょう。
防音シートや防音マット、スポンジマットなどの床材を敷く、防音効果のある換気扇に取り替える、遮音効果のあるカーテンや遮音等級LL35くらいの防音カーペットに取り替えるなど、市販品を使うだけで、防音・遮音の効果があるものもあります。
いずれも、状況により効果は違ってきます。たとえば、マンションなどで、遮音等級の高いカーペットを使用したのに、階下からの苦情は軽減されないと言う場合は、マンションの売主に問い合わせて、マンション自体の防音効果のレベルを調べてみましょう。工事が必要かどうかの判断の基準になります。

防音リフォームの種類

リフォーム施工が必要なものとしては、防音ドアの施工、サッシを防音機能の高い2重サッシに交換したり内窓を取り付ける、壁の内部に防音素材を詰める、ボードを防音ボード・遮音パネルに張り替える、フローリング材を防音効果のあるものに張り替えるなどがあります。
マンションや木造住宅など、施工にあたって何かしらの制約があるような場合でも、薄くても高い防音性能や、狭い空間でも対応できる防音システムなどの技術が進歩しています。ぜひ、信頼あるリフォーム業者に相談してみてください。

防音リフォームの注意点

信頼あるリフォーム業者に依頼をするのはもちろんですが、施工内容や予算を事前に細かく話し合い、本当にリフォームの効果があるのか知っておきましょう。
たとえば、マンションの場合、すでに遮音等級LL35程度の防音効果対策がされており、そこに同じような程度のリフォームを加えても効果が出ないとう場合もあります。
また、マンションの場合は個人でリフォームできる専有部分と、共用部分がわかれています。マンション規約はそれぞれ違っていますので、まず確認をしてリフォームできる範囲や内容を把握しましょう。

防音リフォーム工事のトラブル

防音リフォームの工事に限ったことではありませんが、工事期間はさらに音が発生します。そのほかに、塗装の臭い、施工業者の立ち入りなどがあります。近隣の方へは事前の挨拶はもちろん、マンションの場合は、管理規約にのっとって、管理組合や上下左右の住民に工事の承認をもらうなど、事前の準備が必要な場合もあります。
これをおこたると、近隣住民とのトラブルに発展する可能性もでてきますので、十分注意する事が大切です。