膀胱炎の症状と治療法

スポンサーリンク

膀胱炎の症状と治療法

膀胱炎の初期症状は頻尿や残尿感、症状が進むと血尿や痛みを伴う場合があります。
膀胱炎の原因や病院の泌尿器科での治療や、処方される抗生物質や市販薬、漢方薬などについて

膀胱炎の症状

膀胱炎の症状は、初期の頃は頻尿や残尿感などを感じます。
これは、炎症により尿意が頻繁に感じるためです。症状が進むと排尿の際に痛みを感じたり、膀胱の内部の炎症の部分から出血を起こし血尿が出たりします。

また、尿のにごりも要注意です。これは白血球が尿に混ざるためです。
細菌が膀胱から腎臓へまわることもありますので、早めの治療が必要です。

膀胱炎の薬

抗生物質などによる治療が一般的ですが、利尿作用のほか、抗炎症作用がある漢方薬などの市販薬もあります。

また、免疫力を高めたり、体力や滋養強壮の作用がある薬も、間接的ですが効果があるといわれます。

膀胱炎治療

膀胱炎を引き起こす原因が結石など他にある場合もあるので、病院ではまず検査が行われます。

大量の水分を取ることで、細菌を押し流す効果があるので、頻尿などを恐れずに初期の場合は水を飲む事で、症状が改善される場合があります。

膀胱炎原因

膀胱炎は尿道から細菌が侵入して炎症を起こす病気で、からだの特徴から特に女性に多い病気です。
体の免疫力が低下しているときなど、細菌が進入してしまい発症します。

急性単純膀胱炎と慢性的な膀胱炎「間質性膀胱炎」とに区別されます。

膀胱炎血尿

血尿が出る原因は膀胱炎だけではありません。
泌尿器や腎臓などの潰瘍や結石、ガンなどの原因も十分考えられます。

まずは病院で診察を受け、血尿の原因を調べる事が先決です。

コメント