オートバイ 廃車手続き

スポンサーリンク

オートバイ 廃車手続き

オートバイの廃車手続きの方法の概要です。排気量によって市町村役場でできる場合と、陸運局に申請する場合があります。オートバイの廃車代行業者に頼む場合も、委任状などの書類が必要です。早めの手続きで節税もできますよ。

事故車の一括買取査定依頼事故車にだって価格が付く!?廃車処分の前に査定!
『事故をしてしまって、修理をするにもお金がかかる、廃車にするにもお金がかかる・・・。』
そんな時、複数の事故車買取会社に一括買取査定依頼をしてみてください。
事故車にも今の時代、事故車を専門に買い取りしている査定会社があるのです。
無料で出張査定に伺いますので、お気軽にご利用いただけるサービスです。
→ カービュー事故車査定はこちらから。 ←

オートバイ廃車手続きの概要

オートバイ・大型自動二輪車・原付バイクなどを処分をしたい、事故故車・壊れてしまった車両を所有していて困っている、車検が切れたため処分したい、走行距離が多いため売るに売れないなど、不要になったなどの場合は早めに廃車手続きを行いましょう。
自動車の廃車手続きよりも比較的簡単にできますし、不要な自動車税が節約できますよ。

廃車手続きの方法

バイクの廃車手続きは「一時的な抹消」と「永久的な抹消」と2通りの廃車手続き方法があります。
オートバイや原付バイクなどの排気量により、届け先や廃車手続き方法が少々かわってきますので、その点には注意が必要です。
また、ローンが残っている場合には、バイクの所有者が購入店やローン会社等になっている場合があります。
バイクの所有権を自分にしないと、バイクの廃車手続きを行うことができないので所有権を解除を行ってから、バイクの廃車手続きを行います。

廃車手続きの必要書類

廃車の手続きには、廃車にする車両本体とナンバープレートのほかに、車検証、印鑑証明証、自動車用委任状、自動車用譲渡証明、車検が1ヶ月以上残っている場合は、納税証明書 と自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険)リサイクル券 などが必要になってきます。

廃車手続きの還付金

重量税や自動車税、自賠責保険などは、早めに廃車手続きを行うことで、その分税金の戻り金を多くすることができます。
また、人に譲渡したり引越しをするときも廃車届けの手続きをしないままでいると、いつまでも軽自動車税が課税されます。
125cc以下のバイクなら、廃車にするバイクのナンバープレートを外し、標識交付証明書と印鑑、自賠責保険の証書を持って、バイクを登録してある市町村役場で申請書類に必要事項を記載し、印鑑を押して窓口へ提出し受理されれば手続きは完了です。

廃車手続き代行業者

126cc以上のバイクの廃車の手続きは陸運局で行います。
上記の書類を揃え、車両と共に陸運局に提出します。廃車代行業者もあります。手数料は業者さんによってまちまちですが陸運局までの往復の交通費や書類をそろえる時間などを時間を考えると4000円以下なら業者さんに任せた方がお得のようです。